歯周病治療

歯周病はなぜ怖いのか

歯周病は「サイレント・ディジーズ(静かな病気)」とも呼ばれ、自覚症状のないまま進行する病気です。気づいたときには悪化しているケースが多く、最悪の場合、歯を支えている骨がなくなり、歯を失うこともあります。

  • 歯ぐきが腫れる
  • 歯ぐきから血や膿が出る
  • 口の中がネバネバする
  • 歯と歯の間の隙間が大きくなった
  • 歯が長くなった
  • 歯がグラグラする

これらの症状があれば、早めに歯医者さんで診てもらいましょう。

歯周病になりやすい人とは

虫歯を放置するリスク

統計によると、喫煙者は歯周病リスクが高まるといわれています。また、妊婦さんもホルモンバランスの影響で歯周病にかかりやすくなります。

むし歯がないからと歯医者さんに行く習慣がない方も要注意です。毎日歯磨きをしていても、ご自身で取り切れない歯石が原因で歯周病になるケースも多くあります。むし歯がない方でも、歯周病予防のために定期検診を受ける習慣をつけましょう。

歯周病の進行度と症状

歯周病が引き起こすさまざまな症状

歯周病がきっかけとなって、糖尿病や脳梗塞、心筋梗塞などの重篤な病気を引き起こす可能性があります。全身の健康のためにも、歯周病を放置してはいけません。

当院の歯周病治療

当院の歯周病治療

患者さま一人ひとりに合ったブラッシング指導、歯のクリーニング、歯周病の原因となる歯石を取り除くスケーリングを行っています。

ご予約・ご相談はお気軽に

[平日]
9:00~13:00 / 15:00~19:00
[土曜午後]
15:00~17:00まで
[日曜]
隔週 午前診療
休診日
木曜 / 祝日
pagetop